トランスレーショナル・リサーチ・コミュニティ-(TRC)

 TRCは、先端医療をテーマとして、第一線の研究者や医療従事者、
それに関連企業から一般市民のみなさんまで幅広い人たちが自由に
参加・発言できるフォーラムを目指しています。
 ■【お知らせ】TRCサイトを閉鎖しました。コンテンツはここに残しています。(2005/08/15)
 ■【基礎知識】「基礎から学ぶ先端医療」 掲載開始 (2005/03/23)
 
現在のトピック数 : 006
■「基礎から学ぶ先端医療」 ■第2回「ES細胞とは」 ■第1回「再生医療とは」 ■Voice ヒトクローン作成の是非について考える ■Voice 再生医学における低温核融合騒ぎ ■Voice ES細胞って何だろう? —————————— And More Coming Soon —————————–
現在のトピック数 : 022
■1型糖尿病の治療に新たな希望 ■骨髄幹細胞のニッチにおける骨芽細胞の役割 ■表皮幹細胞の新たなマーカを発見 ■イタリアのアンチノリ医師、決死のハンスト宣言 ■クローンベビー騒動の政治的波紋 ■ラエリアン教団の顔:ボワセリエ女史の経歴 ■クローン人間誕生発表が投げかける難問 ■スタンフォード大学、幹細胞研究所設立へ ■オーストラリア議会、胚幹細胞研究を認める ■来年1月にクローンベビー誕生とイタリア人医師 ■ヒトクローニングの全面禁止か部分禁止かで国連割れる ■ベル研究所の若き「天才」研究者の没落 ■アメリカの民間団体が大学の生物学教育をバックアップ ■カリフォルニア州が幹細胞研究にゴーサイン ■イギリスで世界初の幹細胞バンク設立へ ■高校生の理科離れを防ぐために大学は門戸を開け ■高校生の理科離れを防ぐためのドイツでの試み ■米経済誌 Forbes、理研の発生・再生研究センターに注目 ■クローン猫(三毛猫)誕生・・・まだら模様は遺伝せず? ■米バイオ企業ACT社、人のクローン胚作製に成功か? ■クローン羊ドリー、関節炎を患う ■ブッシュ大統領の幹細胞研究に関する見解表明演説 —————————— And More Coming Soon —————————–
現在のトピック数 : 021
■ 「第8回組織工学・再生医学ワークショップ」 ■ 「ヒト胚に関する公開シンポジウム」 ■ 「『健康を楽しむ』まちづくりシンポジウム」 ■ 「細胞をつかう医療」シンポジウム、神戸で開催 ■ 第6回組織工学・再生医学ワークショップ ■ 日本シエーリングが研究拠点を神戸に ■ 神戸バイオウィーク・バイオシンポジウム「生命の不思議」 ■ TRI開所記念シンポジウム ■ 講演会「今、歯科再生医療が始まる」 ■第5回 組織工学・再生医学ワークショップ ■ 神戸映像医学講演会「画像をコアとした先端医療と産業化の可能性」 ■ 再生医療フロンティア in KOBE ■ 第4回組織工学・再生医学ワークショップ ■ 神戸RT研究会 医療ロボットおよび関連機器の開発について ■ JST採択事業の中間成果発表会、神戸で開催 ■ 第24回理化学研究所 科学講演会 ■ ステムセルサイエンス社セミナー ■ 関西バイオコンファレンス in KOBE 2日目 ■ 関西バイオコンファレンス in KOBE 1日目 ■ 「歯科医のための再生医学」シンポジウム ■ 特別座談会「再生医学・工学って何?」 —————————— And More Coming Soon —————————–
現在のトピック数 : 002
■Nature 誌掲載 ニッチ(Niche)論文の解説 ■米国NIH(国立衛生研究所)リポート「Stem Cells(幹細胞)」 —————————— And More Coming Soon —————————–
現在のトピック数 : 012
■ ヒト細胞試料を研究用に円滑に供給できるインフラ整備を(雨宮浩氏) ■ 日本の放射線治療の可能性と課題(中津川重一氏) ■ ファルマバレー構想を推進し、地域の臨床治験実施体制モデルを構築(梅村和夫氏) ■ 臨床試験における生命倫理について(山岡義生氏) ■ 新しい医療の実用化に向け、国との橋渡し役に(加藤誠実氏) ■ 教育を重視し、市民と研究者の対話を(日野孝雄氏) ■ 今後の事業機会としての医療産業への期待(計谷和明氏) ■ 神戸医療産業都市構想の現在とこれからら(井村裕夫氏) ■ 先端医療センターの果たす役割とは(寺田雅昭氏) ■ 造血幹細胞を利用した再生医療の実用化への展望(中畑氏・河合氏) ■ トランスレーショナルリサーチを日本に定着させる(浅原孝之氏) ■ ヒトES細胞作製に向け準備整う(中辻憲夫氏) —————————— And More Coming Soon —————————–
現在のトピック数 : 010
● 先端医療に関するQ&A紹介 ■ 発生・再生科学総合研究センター システムバイオロジー研究チーム(上田 泰己) ■ 発生・再生科学総合研究センター 胚誘導研究チーム (佐々木 洋) ■ 先端医療センター ES細胞分化経路マップの作成 (岡田 光浩) ■ 先端医療センター ES細胞からのインスリン産生細胞の分化 (倭 英司) ■ 先端医療センター PET 陽電子放出断層撮影法 (千田 道雄) ■ 先端医療センター CT-リニアック (千田 道雄) ■ 先端医療センター MRI 磁気共鳴画像化法 (千田 道雄) ■ 先端医療センター 血管再生 (川本 篤彦) ■ 先端医療センター 歯槽骨の再生 (馬場 俊輔) ■ 先端医療センター 循環器系(心筋)再生 (川真田 伸) —————————— And More Coming Soon —————————–
* translationalという単語は”基礎研究から応用分野におよぶ”という意味で使われます。
(財)
Foundation for Biomedical Research and Innovation
 
すべてのページをご覧いただくにはFLASHプレイヤーが必要です。FLASHプレイヤーをダウンロードする場合はこのボタンをクリックしてください。
 
PDFファイルをご覧になるには、Adobe Acrobat Reader が 必要です。