脱毛サロン

脱毛サロンに行く前には自己処理が必要!その理由とやり方を紹介

ムダ毛の自己処理が面倒」という理由で脱毛サロンに行くことを考える人も多いと思うのですが、脱毛サロンに行く前にも自己処理が必要なこと、ご存知でしょうか?

今回は、脱毛サロンに行く前に自己処理が必要な理由や、自己処理のやり方について紹介します。

脱毛サロンに行く前に自己処理が必要な理由

そもそも、脱毛サロンに行く前に自己処理が必要なのはなぜなのでしょうか。

脱毛効果を高めるため

まず1つめは、「脱毛効果を高めるため」という理由です。

脱毛は、メラニン色素に反応して照射され、毛根部分にある発毛に関わる組織にダメージを与えるもの。

自己処理がされていない状態(ムダ毛が伸びている状態)だと、伸びている部分のムダ毛にも反応し、肝心の毛根部分まで光が届きにくくなってしまいます。

そのため、脱毛効果も下がってしまうため、施術回数を増やさなければならなくなったり、脱毛サロンに通う期間が長引いたりする可能性があります。

やけどのリスクを減らすため

2つめは「やけどのリスクを減らすため」という理由です。

先ほど解説したことと関係してきますが、自己処理をせずにムダ毛が伸びた状態で照射すると、伸びている部分のムダ毛にも反応します。

脱毛方法にもよりますが、脱毛では高温処理を行うため、伸びている部分のムダ毛が熱を帯びて、やけどをする恐れがあります。

施術時間を確保するため

3つめは「施術時間を確保するため」という理由です。

手の届かないところは脱毛サロンでシェービングしてくれますが、その他の部位の自己処理が不十分なままで行くと、シェービングに時間が取られることがあります。

次のお客さんも控えているため、シェービングに時間が取られると、その分施術時間も減って、予定通りに脱毛が進まない可能性も。

中には、剃り残し部位の施術を避ける脱毛サロンもあるので、そういった意味でも予定通りに脱毛が進まなくなる可能性があります。

シェービング代の負担を減らすため

最後は「シェービング代の負担を減らすため」という理由です。

ほとんどの脱毛サロンでは、手の届かない部位のシェービングは無料で対応してくれますが、それ以外の部位は施術を避けるか、有料かのどちらかになります。

シェービング代が発生すると、脱毛を受ける側の経済的な負担も大きくなる可能性があります。

自己処理を忘れるとどうなる?

万が一、自己処理を忘れて剃り残しがある状態で脱毛サロンに行った場合、どうなってしまうのでしょうか?

自己処理がされていない部位は施術してもらえない

先ほど「剃り残し部分の施術を避ける脱毛サロンもある」と解説しましたが、自己処理がされていない部位があると、施術してもらえない可能性があります。

脱毛効果が下がったり、やけどのリスクが高まったりするので、施術を避けられるのも仕方がありません。

自己処理を忘れた分だけ施術回数が増えたり、脱毛完了の時期が先延ばしになったりする可能性も十分にあります。

シェービング代を払わなければならない

自己処理を忘れると、シェービング代を別途支払わなければならない可能性があります。

手の届かない部位の自己処理はしなくても大丈夫ですが、その他の部位で自己処理を忘れると、

  1. シェービング代を払った上で、剃り残し部位のシェービングをした後に施術が受けられる
  2. シェービング代は不要だけど、剃り残し部位は施術してもらえない
  3. シェービング代不要で、剃り残し部位をシェービングした後に施術が受けられる

のいずれかの対応になる場合が多いです。

これは、脱毛サロンによっても対応が分かれますが、同じ脱毛サロンでも契約したプランによって対応が分かれることも。

①のパターンだとシェービング代が発生、「1回あたり〇円」で換算する場合もあれば、「1部位あたり〇円」で換算する場合もあります。

いずれにしても、シェービング代が発生する脱毛サロンやプランで契約していれば、自己処理を忘れた分だけ料金も膨れ上がります。

最悪キャンセルになることも…

自己処理を忘れた範囲が狭ければ、それほど大きな問題にはなりませんが、範囲が広いと最悪キャンセル扱いになる可能性があります。

キャンセル規定は脱毛サロンによって異なりますが、ペナルティが発生する恐れもあるので要注意です。

自己処理のやり方

皆さんが普段どのような方法で自己処理をしているのかはわかりませんが、自己処理の方法によっては、施術前の自己処理に適していない場合もあります。

では、施術前の自己処理はどうやるのでしょうか?

自己処理は2~3日前に!

まず、自己処理を行うタイミングですが、予約日の2~3日前に行いましょう。

なぜかというと、ちょっとだけムダ毛が皮膚の上に出ている状態が、脱毛には適しているから。予約日当日にベストな長さになるように逆算して、2~3日前に自己処理を済ませる必要があるということです。

脱毛サロンによっても指示が異なりますが、1~2㎜程度ムダ毛が皮膚の上に出ている状態に自己処理するように言われます。ただ、人によってムダ毛が生えるスピードは異なるので、前日の自己処理で十分な場合もあります。

また、当日の自己処理は「皮膚に負担がかかる」という意味でもおすすめできないので、少なくとも前日までには自己処理を済ませましょう。

自己処理に必要なもの

自己処理に必要なのは、以下のアイテムです。

  • 電気シェーバー(フェリエなどのペンタイプのもの)
  • 保湿剤
  • 新聞紙
  • ハサミ

後ほど解説しますが、自己処理では必ず電気シェーバーを使うようにしてください。

自己処理のやり方

自己処理自体はそれほど難しくはありません。肌に負担をかけないように、毛の流れに沿って剃っていきましょう。

VIOの場合は、新聞紙を敷いた上に鏡を置き、ある程度ハサミでカットしてから剃ります。

VIOの具体的な自己処理のやり方に関しては、他のページでも紹介しているので、そちらを参考にしてください。

自己処理が終わったら、仕上げに保湿をして完了です。

自己処理の注意点

自己処理での注意点について紹介します。前提として、「施術前の肌に負担をかける行為」はNGなので、自己処理でも意識しなければなりません。

例えば、ムダ毛処理グッズの代表的なものである「カミソリ」は、肌の角質まで一緒に剃ってしまいますし、カミソリ負けなどの肌トラブルを起こす可能性があるので、使用は避けましょう。

また、強い成分でムダ毛を溶かすことで処理する「除毛クリーム」や、毛を抜くことで処理する「毛抜き」「脱毛ワックス」といったムダ毛処理グッズもNG。

除毛クリームは肌に大きな負担がかかり、肌荒れを起こす可能性がありますし、毛抜きや脱毛ワックスでムダ毛を抜くと、毛周期が狂って脱毛効果に影響する可能性があります。

一番肌への負担を少ないムダ毛処理グッズが電気シェーバーなので、電気シェーバーは必ず用意しておいてください。そして、自己処理をした後は肌が乾燥しやすく、バリア機能の低下も起こしやすいので、必ず保湿をしましょう。

脱毛サロンに行く前の自己処理はしっかり行いましょう!

脱毛サロンに行く前に自己処理が必要な理由や、自己処理のやり方について解説しました。自己処理は脱毛効果を高めるためや、やけどのリスクを下げるために必要です。

自己処理を怠るとシェービング代が発生したり、剃り残し部位を避けた上での施術になったりと、良いことがありません。

脱毛範囲が広ければ広いほど、自己処理が面倒に感じてしまうかもしれませんが、脱毛サロンに行く前の自己処理はしっかりと行いましょう。

RELATED POST
脱毛サロン

全身脱毛おすすめ脱毛サロンランキングTOP10!女性に1番人気の脱毛サロンはどこ?

脱毛の効果や最新美容情報をいち早く解説!脱毛して美肌になりたい【美肌DX】
全身脱毛をしたいと思った時に、まずしなければならないのは「脱毛サロン選び」です。 なぜかというと、それぞれの脱毛サロンによって、  …
脱毛サロン

脱毛サロンの主なキャンペーン5つの仕組みは?最新キャンペーンも紹介

脱毛の効果や最新美容情報をいち早く解説!脱毛して美肌になりたい【美肌DX】
「脱毛したい部位がたくさんある」という人、多いと思います。 ですが、脱毛したい部位がたくさんあれば、料金もどんどん高くなるので、「本当 …
脱毛サロン

【脱毛サロンおすすめランキング】脱毛サロンの選び方と上位6つのサロンを紹介

脱毛の効果や最新美容情報をいち早く解説!脱毛して美肌になりたい【美肌DX】
近頃は脱毛サロンが身近にあり、気軽に脱毛を考えられるようになりましたが、 家から近いから、あの脱毛サロンで脱毛してみようかな す …
脱毛サロン

脱毛サロンは都度払いで通える!おすすめの都度払いプラン導入サロン

脱毛の効果や最新美容情報をいち早く解説!脱毛して美肌になりたい【美肌DX】
脱毛サロンに通いたいと思っていても、コース契約をすることに抵抗がある人もいるはず。そんな時におすすめなのが、都度払いでの脱毛です。 意外に …
脱毛サロン

「脱毛サロンの掛け持ち」って早く終わる?メリット・デメリットを解説

脱毛の効果や最新美容情報をいち早く解説!脱毛して美肌になりたい【美肌DX】
脱毛は繰り返し施術を受けることで、効果が実感できるもの。とはいえ、期間を空けずに通うことができないので、「脱毛サロンを掛け持ちしたら早く終わ …